Everest Challenge

Yoichi Wakayama The Way Of The Summit

CONTENTS

Profile

Profile

竹内洋岳×若山陽一 2nd「新しい自分を創るための挑戦」

若山陽一

わかやま・よういち

UTグループ株式会社

代表取締役社長 兼 CEO

1971年2月23日 愛媛県松山市生まれ

若山陽一 公式ブログ
http://ameblo.jp/yoichi-wakayama/

プロフィール

17歳の時、バイク事故で肝臓破裂、4日間の意識不明を超えて一命を取りとめる。生死の境をさまよったことによって、命は有限であることを実感し、起業を決意。

「仕事を創ることが仕事」をポリシーに1995年に創業。

2003年製造派遣業界で初めての上場を果たす。

その後、積極的なM&Aで会社を急成長させるが、2008年旧GWG株式取得を機に、GWGのコンプライアンス違反が見つかり倒産の危機に。同時に、個人でも37億円の負債を抱え、自己破産の危機に陥るも、不屈の精神によって全額返済する。

2013年、企業姿勢である「挑戦」を身をもって示すために始めた登山では、モンブランに登頂したことを端緒として、南米大陸最高峰アコンカグアやヒマラヤ山脈8000m峰マナスルなど、2年間で世界の名峰8山に登頂成功する。

2015年4月にはエベレスト登頂を目指すも、ネパール大地震の影響でやむなく下山。海外登山がきっかけとなり、世界中に仕事を創ることを決意。

途上国支援の一環として、ネパールで高品質なイチゴの生産による雇用創出を始める。

座右の銘「想いが行動を変え、行動が現実を変える。」

竹内洋岳

Support Member

竹内洋岳

たけうち・ひろたか

プロ登山家 
立正大学客員教授 
株式会社ICI石井スポーツ所属

1971年生まれ 東京都出身 
身長180cm 体重65kg 血液型 O型
立正大学 仏教学部卒

竹内洋岳 公式ブログ
http://weblog.hochi.co.jp/takeuchi/
https://www.facebook.com/hiro14takeuchi/

プロフィール

登山好きな祖父の影響を受け、幼少より登山とスキーに親しむ。

高校、大学で山岳部に所属し登山の経験を積み、20歳で初めてヒマラヤの8000m峰での登山を経験。1995年にマカルー(8463m)東稜下部初登攀より頂上に立ち、1996年には、エベレスト(8848m)とK2(8611m)の連続登頂に成功し活動をヒマラヤに集中させていく。

2001年からは、ドイツ人クライマー、ラルフ・ドゥイモビッツや、オーストリア人女性クライマー、ガリンダ・カールセンブラウナーをメインパートナーとし、各国のクライマーと少人数の国際隊を組み、酸素やシェルパを使用せず、アルパインスタイルを積極的に取り入れた速攻登山で複数の8000m峰を継続する登山スタイルを取り入れる。

2007年にパキスタンのガッシャブルムII峰(8053m)で雪崩に巻き込まれ、腰椎破裂骨折の重傷を負い、生命の危機に陥ったが、各国登山隊のレスキューで奇跡的に生還をした。もはや登山への復帰は絶望的とも言われたが、手術、リハビリにより、わずか1年後には、事故のあったガッシャブルムII峰へ再び挑み登頂に成功した姿は多くの賞賛を受けた。

2012年5月には世界に14座ある8000m峰全14座の内14座目となるダウラギリへの登頂を果たし、日本人初となる8000m峰14座完全登頂という偉業を達成した。

2002年に結婚。二児の父親の顔も持つ。

近藤謙司

Support Member

近藤謙司

こんどう・けんじ

国際山岳ガイド連盟公認ガイド
1962年生まれ 東京都出身

けんけんブログ -guide diary-
http://blog.goo.ne.jp/kenken8848

プロフィール

チョモランマ冬季北壁最高地点到達などの記録を持つ。

チョーオユー峰では、世界最高齢の女性をガイドし山頂に導く。

アルプスではマッターホルンなどの山岳ガイドとして活躍。

東宝映画「植村直巳物語」で映画にも出演。

PAGE TOPへ

SNS